夏季じゃなくても、お空模様が悪くても、外出しなくても日焼け止めは必ず使うようにしています。

日焼け、UV計画に七つ道具、日焼け止め。 学生時代は、出先で体育の方面がある日やジムに混ざる日にどうしても使っていました。 空模様のいい日にお天道様に当てはまると日焼けする、と思っていたから。 滞り、空模様の悪い日や外出しない日は日焼け止めは必要ないと思っていました。 だから日焼け止めが活躍するのは夏季だけだと。 お表皮のことを位置付ける歳になり、日焼けをすると黒くのぼる、という単純なことではなく、UV計画を一概にしないと黒くなるだけではなく、将来のお表皮がしみだらけに向かうということを知りました。 黒くならずに赤くなって数日後には元のお表皮に返る方もいますね。 そして、UVのかさはお空模様が悪い日のほうが多いことも共々知りました。 貯まり、お空模様の悪い日のほうが日焼け止めが必要だという業者。 外に出るのは洗濯物を乾かすだけだから、、 その一瞬でお表皮はUVにやられてしまうんですね。 将来のお表皮のためにも、常々本当に日焼け止めを塗るようにしています。チコラは人気の商品です